インプラントの手入れ

インプラントのケア方法

トップ

クリーニングの情報

インプラントクリーニングの仕方

インプラントでは、普通の歯磨きに加えて、人工歯冠と隣の歯、もしくは連結している人工歯冠同士の間にできてしまう隙間のクリーニングが重要になります。歯を挿入するために埋め込む人工歯根は実際の天然歯の歯根と異なる場合がよくあるため、インプラントを埋め込む際に隙間ができてしまいやすくなります。この部分が磨き残しを生じやすくしてしまいますので、この部分を入念にクリーニングする意識が必要です。電動ブラシを使ったり、歯間ブラシを使って磨いたり、ブラッシングの後にデンタルフロスを使って磨いたりするなどの方法があります。

徳島 インプラントで治療するなら安心のクリニックで。
最新の治療法、オールオン4を採用しています。たった1日で取り外しの要らない歯になりますよ。

クリーニングで歯を大切に

インプラント治療は基本的に保険が適用されません。そのため、高額なイメージがありますが適切なアフターケアを行なえば、「第2の永久歯」として生涯にわたり機能しますので、一概に高いとは言い切れないかもしれません。そして、何よりもしっかり噛むことができますので、毎日の食事が美味しくいただけます。インプラントを長持ちさせるためには、なんといっても毎日の正しいブラッシングは欠かせません。また、1年間に2〜4回ほどの定期健診が必要となります。そのほか、クリーニングやレントゲン撮影などのメンテナンス料も保険適用外となります。

© Copyright インプラントのケア方法. All rights reserved.